年金受給者でもお金を借りれるか?65歳でもキャッシング

年金受給者でもお金を借りれるか?

 

キャッシングについてよくある質問の中に、

 

年金受給者でもお金を借りられるのだろうかというような話があります。

 

定年退職をした後に、お金がだんだんなくなっていく環境にあるであろう年金受給者でも、

 

消費者金融やカードローンなどでキャッシングをすることは可能でしょうか?

 

 

このことについての結論から言いますと、年金受給者でもお金を借りることは可能です。

 

消費者金融やカードローンの年齢制限は、

 

近年では70歳くらいまでならおあk根を借りることは可能であるというような感じで

 

設定されている業者が多くあり、年金受給開始年齢の方でもお金を借りられる可能性があるのです。

 

 

ですが、どこでも借りられるというわけでももちろんなく、年金受給開始年齢である65歳くらいを上限に

 

借り入れ可能年齢がなっている会社もあったりしますので、

 

その辺りはご注意しないといけないことになってしまいます。

 

この辺りについては、各会社のHPなどを見ることによって年齢制限の確認をしておきましょう。

 

 

年金受給者だから既に定職についていないためお金を借りられないというようなことはなく、

 

お金を借りることは可能ですので、安心してご利用していただければいいと思います。

 

 

年金受給で定期収入はあるが、カードローン審査通過できる?

 

手元や銀行口座にお金がないのに、急にお金が必要になってしまうことがあります。

 

そんなときはカードローンを利用することによって、必要な金額を融資してもらうことができます。

 

カードローンを利用するときには、いくつか条件があり審査を受ける必要があります。

 

そのうちの1つが、安定した収入があることによって返済能力があると認められることです。

 

安定した収入とは、正社員はもちろん、派遣社員や契約社員、

 

さらにアルバイトやパートなどの雇用形態で働いていることによって得られると考えられています。

 

そのためパートをしている主婦や、アルバイトをしている学生も安定した収入があるとみなされるので、

 

カードローンを利用することができます。

 

その他に、年金を受給している場合でも安定した収入とみなされる場合があり、

 

年金受給者もカードローンを利用することができます。

 

ただ、会社によっては年金受給者の場合は利用できないと定めているところもありますから、

 

事前に確認してみることが大切です。

 

年金受給者であり、さらに仕事をしている場合は、スムーズに審査に通ることが多いです。

 

しかし高齢になると定年退職をしたいたり、働ける場所が限られてしまうことから、返済能力が低いとみなされるので、

 

カードローンを利用することができないと定めている金融機関は少なくありません。

 

ただ年金を受給する60歳以上、もしくは65歳以上であれば、利用できるところが多くなっています。

 

ただし、70歳以上になると、年金だけの収入しかない場合は、利用できないことがあります。

 

高齢になっても年金だけでなく、その他にも収入がある場合は利用できることがあります。

 

年金受給者も利用できるかどうかを確認するときは、

 

申し込みをする前に、申し込み可能年齢を確認すると、わざわざ会社に問合せをする必要がありません。

 

銀行系の場合は、年齢制限が65歳未満のところが多くなっていて、

 

消費者金融系の場合は年齢制限が69歳未満になっているところが多いです。

 

銀行系の方が消費者金融系よりも審査が厳しい傾向がありますが、

 

借り入れをするときの利率が低いという魅力があります。

 

会社にはそれぞれのルールを定めており、

 

中には75歳未満までの人に融資をしている会社もありますから、どうしてもお金が必要だというときは、

 

複数の金融機関のサービス内容を確認してみるとよいでしょう。

 

融資可能な年齢が69歳未満までというところが多いので、

 

60歳から年金を受給している人でも利用できるということになります。

 

もちろん、年金受給者であれば誰でもカードローンを利用することができるとは限りません。

 

今まで借り入れをしていて滞納をしていた経験があったり自己破産をしていた経験があった場合は、

 

ブラックリストに一定期間、のせられていますから、その間は審査に通らないことが多いです。

 

また複数の金融機関から借り入れをしている場合にも審査が通らないので融資を受けられないことがあります。